「天下り」という言葉があります。
語源を調べたわけではないので、知りませんが、想像するに、
「天」から「下」って来るのでしょう。
それは、神様やその辺の神々しい、手の届かない、存在が下々の者に手を差し伸べる為に、
「天」界から「下」界へ来られるときのことを指すのでしょう。
だから、ある程度の年齢・役職の公務員が民間企業に再就職するのを「天下り」と表現したのでしょう。
国(「天」界)に仕えていた方々が民間(「下」界)に来てくださる。
これには賛否色々あるでしょうが、それはさておき、タイトルにある、
「子会社へ出向という名の、天下り」はいかがなものか。
民間で、お上の真似事をし、見かけだけ同じようになっている。
公務員の天下りを受け入れることで、民間企業には何らかのメリットがもたらされることでしょう。
今まで、国という大きな組織で働いていた経験は、どんな民間企業にもない経験でしょう。
しかし、ポストがないから、同業種の子会社におくりつける。
受け入れる子会社はたまったもんじゃないですよ。
そんな人たちを在宅勤務とかにしてもらえませんかね。ベルタ酵素 授乳中

落ち込んだりしませんか?心は元気ですか?
病気って「気の病」と書いて病気です。私たちは元気なときは意外と軽視している心と体。気が付いたら疲れてしんどい・・・なんてこともあります。
私は、よくへこんでいます。言い過ぎたな?調子乗りすぎたな?なんて反省会を1人ですることはほぼ、毎日です。そんな私が気をつける季節は4月、5月です。この時期は鬼のように寝る時期があります。これって結構神経を使っている証拠。寝て寝て眠ります。例えば夜8時から翌日10時まで。もちろん、何回か起きては寝るのです。
寝ることは重要で、思考を止めます。脳みその中のとめどない考えの流れを5分でいいからとめる、そして新たな余白を作る、これが大事。
だからへこんだときは、寝たいときになるべく眠れる環境を作る!さらに気をつける時期が分かっていたら、その時期は無理しない、体を無視しない、休めること、笑うことが大事です。へこみ暦10年以上の私がいうのですからおすすめです。http://www.brownwoodtx.co/