私は、ニュースを見ていて北朝鮮の動きにすごく不安を感じています。
核の開発がまた進めているという事で、周辺の住民は避難指示が出たとありました。
アメリカがカール・ビンソンの小隊を北朝鮮に向かわせている事が関係していると
思います。
昔の日本と同じで、経済圧力が強化された事も大いに関係していると思います。
国として、苦しい状況になれば、負けると分かっていても、戦争をいしてしまう
可能性が高いと思います。
簡単に言えば、悪口を言われて、幅にされて、いじめられた人が中学に上がり
不良になってしまう事と同じだと思います。
人類は70億年といわれていますが、結局、国はごく一部の人間でなりあって
いるし、経済のコントロールも少人数で、管理されているだと思います。
最終的には、人の感情なのだと思います。
人はやけくそになると、信じられない事をします。
それが、今の北朝鮮なんだと思います。
北朝鮮がやけになり、朝鮮人がマインドコントロールされて、戦争をして
必ず勝つと教えこまれれば、それこそ、日本での特攻隊みたいな出来事も
起きると思います。
私的には、トランプ大統領よりも、オバマ元大統領の考え方の方が、
時間はかかると思いますが、良いと思っています。
日本が巻き込まれない様に、祈るのみです。

今朝は新聞休刊日のため朝刊が配達されませんでした。この連休中は、夕刊のみ休刊でした。新聞は1ヶ月に1回休刊日があります。この連休中でも朝刊は配達されました。ただ連休中でも放送局ではニュースを放送していました。
連休中には新聞は朝刊のみでしたが配達されていたので、朝は退屈しませんでした。ただ今日はその朝刊も配達されないので、退屈でした。毎日私は、朝食を摂る前に新聞を読むのですが、今日はやることがないので、単行本を十数分読んでいました。
最新のニュースはTVやラジオで分かるのですが、新聞を読まないと何か落ち着かない気になります。最近新聞を読んでいない人が増えているようですが、とある放送記者出身の評論家が、毎日主要新聞4紙は読んでいるとのことを言っていたのも聞いた事があります。またその人は、何紙も取ると費用が掛かるので、一般に人には勧められないが1紙だけでも取った方が良いだろうとのことも言っていました。
新聞の報道も何かと問題がありますが、落ち着いて物事を考えるのならば新聞が一番良いようです。