一足先に春の使者の冬桜と白タンポポを見てきました。

昨日は北海道の桜の名所の一つでもある道南の松前町に行って来ました。桜前線が北海道にやって来るのはだいたい毎年4月下旬ですが、その前に満開を迎える桜がありそれを見に行きました。
その桜とは「冬桜」で白い小さい可憐な花をたくさんつけます。毎年なかなかタイミングが合わずに早すぎたり散ったあとだったりしていましたが今年はドンピシャで冬桜の満開を初めて見ることが出来ました。
ちなみに北海道の桜前線が来たかどうかの基準になる標本木も松前町にありその標本木の桜もかなり蕾が膨らんでいました。
他にも早く春を感じる花として珍しい「白タンポポ」も見つける事が出来ました。名前の通り普通はタンポポといえば黄色い花ですが白タンポポは白い花を咲かせます。白タンポポは道南では松前町にしかないのではないかと言われています。
松前に向かう道中も所々雪が残っていましたが、道端にはふきのとうが沢山見られついに北海道にも春がやって来たんだなと思わせる一日でした。キレイモ 9500円